2018年7月10日火曜日

2018年07月10日(火):本州北海道一周第3レグ終了・第4レグスタート(小樽⇒稚内⇒宇登呂⇒霧多布⇒函館)

◎第3レグ
・06月24日(日)06時由利本荘出港。11時秋田港入港。土崎地区は雄物川の河口に栄えた土崎港。北前船で運ばれた灯籠、五重塔、弁財天や船主が寄進した五百羅漢が残っている。

嶺梅院の弁天様(北前船船頭が寄進)
・06月25日(月)05時秋田港出港。12時能代港入港。男鹿半島先端の入道崎灯台は灯台50選の一つ。一昨年鶴岡で開かれた同窓会の前日にレンタカーで訪れたことがある。寒風山ドライブウェイも新・日本百名道に取り上げられている。この日の海は北の風が吹き荒れていた。能代では市役所の方々、地元の方々の歓迎を受けた。また、紙屋仁蔵の墓など北前船関連の史跡の案内を受けた。
寒風山と男鹿半島入道埼灯台
紙屋仁蔵のひきうすの墓石

・06月26日(火)04時能代港出港。15時陸奥湾三厩港入港。接近する低気圧を避けて深浦港を抜港し三厩へ入港した。夜は猛烈な風が吹き抜けた。
不老不死温泉

お岩木山
・06月27日(水):三厩港泊。低気圧の強風が吹き続けた。その中、竜飛埼にいった。写真では風の強さがわからないが、被写体に向けたカメラが定まらない。展望台に上がるも立っていられないほど。
竜飛埼灯台


竜飛埼からの日本海
・06月28日(木)04時三厩港出港。11時陸奥湾川内港入港。川内港は蟹田港と並んで加賀瀬越の大家家の弁財船の造船場があったところ。熊野宮の前を弁財船が通過するとき一回回って敬意を表したという。
川内熊野宮からは海が見える
・06月29日(金)06時川内港出港。10時陸奥湾野辺地港入港。野辺地には塩飽のゆかりの地がある。海中寺には塩飽衆の墓石も並んでいた。
 


燈明台とみちのく丸

海中寺の手洗い石
・06月30日(土)05時野辺地港出港。10時青森港入港。抜港した深浦港に行き加円覚寺を参拝した。円覚寺には、船員が海難救済の感謝の意を表して奉納したちょんまげの絵馬が多く残っていた。
深浦の円覚時

重文の弘前城
・07月01日(日)05時青森港出港。07時蟹田港入港。08時蟹田港出港。11時三厩港入港。
蟹田港に一時入港し、蟹田熊野宮を参拝した。台風7号が接近してくるとの予報から4日中に小樽に入港すべく、松前を抜港し次港は江差港に決め、航海距離を短縮するために青森港停泊を1泊にして三厩に移動した。再度、好天の竜飛埼を訪れた。

蟹田大家家内の熊野宮

石川さゆり津軽海峡冬景色の歌が聞こえるモニュメンントにて
 
・07月02日(月)04時三厩港出港。11時江差港入港。江差町長の表敬を受けた。職員、学芸員の方、そして開陽丸保存会の方々の案内で史跡を訪れた。
開陽丸

旧中村家住宅にある北前船で賑わう江差港の屏風
・07月03日(火)04時江差港出港。14時寿都港入港。
現存するにしん船
・07月04日(水)04時寿都港出港。15時小樽港入港。積丹半島の山々は深い霧に覆われていた。今後の北海道の航海では霧が深いだろうな。
積丹半島北西端のカムイ岩

積丹半島沖合で遭遇したイルカの群れ
・07月05日(木)小樽港泊。日和山灯台を訪れた。喜びも悲しみも幾年月の最後のシーンのロケ地と記憶しているがどうもしっくりしなかった。小樽運河沿いの倉庫群や住吉神社の大鳥居を見て、改めて、北前船船主の財力と神仏への帰依を深く感じた。
日和山灯台

大家家と広海家が寄進した住吉神社の大鳥居
◎第4レグ
07月13日(金):小樽港⇒留萌港
07月14日(土):留萌港⇒遠別港
07月15日(日):遠別港⇒利尻島鴛泊港
07月16日(月):利尻島鴛泊港⇒礼文島香深港
07月18日(水):礼文島香深港⇒稚内港
07月19日(木):稚内港⇒
07月21日(土):    ⇒宇登呂港
07月23日(月):宇登呂港⇒羅臼峯浜港
07月24日(火):羅臼峯浜港⇒根室幌茂尻港
07月25日(水):根室幌茂尻港⇒霧多布港
07月26日(木):霧多布港⇒釧路港
07月28日(土):釧路⇒襟裳東洋港
07月30日(月):襟裳東洋港⇒
07月31日(火):       ⇒函館港

◎次回は8月8日に更新します。

2018年6月19日火曜日

2018年06月19日(火):本州北海道一周第2レグ終了第3レグ(秋田県由利本荘⇒陸奥湾⇒小樽)スタート

◎第2レグ終了
 06月07日(木)04時30分、若狭大飯マリーナ出港。13時、石川県橋立港入港。北前船の里資料館、久保家の笏谷石石垣見学。夕食は尼御前サービスエリアで。
弁才船がバラストで使用した笏谷石の石垣

 06月08日(金)05時、橋立港出港。前日早朝に出港し早く到着し史跡を探訪できたので、一日早めて出港。11時石川県福浦港入港。能登金剛遊覧船の係留港。めくり石(今でいう係船リング)、木造灯台、腰巻地蔵を視察。夕食は民宿なかもとにて。
金沢港大野灯台と月山

目ぐり石

 06月09日(土)05時、福浦港出港。10時輪島港入港。輪島海の駅に係留予定でしたが、北の風が強く吹き艇が揺れて浮桟橋に係留できず、奥の岸壁に係留。重蔵神社(宗像大社に相当、舳倉島が沖ノ島、七ツ島が大島に相当する。海人族の守護神)で歴史を聴く。レンタカーで黒島の北前船資料館を見学。夕食は居酒屋名月にて。
重蔵神社

 06月10日(日)、艇の動揺でフェンダーを止めていたセイフティーラインが留め金部で切断。ロープで補修。漁協の許可を得て、漁港に移動。輪島の朝市を堪能。昼風呂。15時、輪島港出港。宵闇が迫る中禄剛埼灯台を視認。
能登半島の北東端禄剛埼灯台

 06月11日(月)06時、佐渡琴浦入港。レンタカーで、宿根木の街並み、小木民族博物館(尾道の酢徳利展示)、姫埼灯台、小木木崎神社、琴浦青の洞窟を見学。夕食はコクピットで鍋。地元の漁師さんからサザエの差し入れを頂いた。
JR宿根木街並ポスター

サユリスト

 06月12日(火)05時、琴浦出港。雨。15時新潟県粟島浦漁港入港。夕食は民宿たてしま。
新潟県粟島

 06月13日(水)06時、粟島出港。西風の中、メイン2ポイント、NO3ジブにて7ノットで快走。13時酒田マリーナに入港。港内でセイルを下し、機走に切り替えたとたんに警報アラームが鳴ったのでエンジンを止め、冷却海水取入口のつまりを調べたが詰まりはない。ジブを少し出して、艇速を制御しながらバースに向かう。バースが破除堤の内側で、回頭着岸時に3秒間エンジンを使用し係留完了。幸運①:下船中のハーバー係留艇オーナーに偶然出会いメンテナンス会社に連絡をしていただいたこと。幸運②:メンテナンス会社社長に昼食時にも関わらず来艇し、状況を確認していただいたこと。幸運③:午後、直ちに、スタッフが来てくれたこと。原因は海水ポンプ本体の腐食によるザラツキでエンペラーが破損したため。サザンクロスのエンジンは4気筒なので部品は神戸と博多しかない状態。幸運④:航空便で一日で部品を取り寄せられたこと。幸運⑤:橋立港を一日早く出港していたので余裕が1日あったこと。修理は翌日の17時に完了した。
 入港日の午後は、日和山公園の灯台、北前船、下日枝神社を見学。夕食は富重。
 06月14日(木)、午前は洗濯、午後は買い物。冷却水ポンプ取り付け。夕食は2年ぶりに会う大学時代の友人二人と。
 06月15日(金)06時酒田港出港。この日は北東の風で5ノットで快走。11時飛島勝浦港入港。夜に東南の風が強くなるとの事で、輪島でのことがあるので、東南の風にも安全な区域に移動。午後は飛島一周のロングウォーク。大潮満潮のためくるぶし下まで海水に浸かる場所も数か所あった。夕食は沢口旅館で。
月  山

鳥 海 山

 06月16日(土)07時飛島出港。12時秋田本庄マリーナ入港。午後、本庄郷土資料館、新山神社、御蕃書所跡など見学。夕食は小町で。
山形県酒田市飛島

* 教訓 : サザンクロスは少しの波でも揺れるので、係留場所は静穏な場所を選定すること。
* 教訓 : エンジン系の点検は、2年を目途に行うこと。
◎ 第3レグ
 06月24日(日)、由利本荘  ⇒秋田マリーナ
 06月25日(月)、秋田マリーナ⇒男鹿半島⇒能代港
 06月26日(火)、能代港    ⇒青森県深浦港
 06月27日(水)、深浦港    ⇒竜飛岬⇒三厩港
 06月28日(木)、三厩港    ⇒蟹田港
 06月29日(金)、蟹田港    ⇒青森港
 06月30日(土)、07月1日(日)、青森港
 07月02日(月)、青森港    ⇒野辺地港
 07月03日(火)、野辺地港   ⇒川内港
 07月04日(水)、川内港    ⇒北海道福島漁港
 07月05日(木)、福島漁港   ⇒江差港
 07月06日(金)、7月07日(土)、江差港⇒小樽港
* 楽しみは : ① 男鹿半島入道崎灯台と津軽半島竜飛埼灯台と積丹半島神威埼灯台 ②下北半島仏ヶ浦 ③青森湾陸奥湾クルーズ 

2018年6月5日火曜日

2018年06月05日(火):本州北海道一周第1レグ(大阪⇒関門海峡⇒若狭湾)終了、第2レグ(若狭湾⇒秋田県由利本庄)スタート

◎ 第1レグ終了
 05月13日(日)10時45分、大阪港USJ渡船桟橋を離岸しました。
  明石海峡を通過し、小豆島、大槌島の南を回り、ヒラメとタコを仕入れるため児島漁港に一時入港しました。
備讃瀬戸大橋通過

 

 05月14日(月)08時、本島笠島漁港に入港。入港歓迎式典が行われました。

丸亀市本島沖停泊中の練習帆船「みらいへ」

 05月15日(火)08時、本島出港。13時尾道入港。
瀬戸の島々

 05月16日(水)08時、尾道出港。12時30分、呉御手洗ゆたか海の駅入港。
 05月17日(木)06時、御手洗出港。13時、上関室津入港。
愛媛県由利島:ダッシュ島

 05月17日(木)22時上関出港。
  夜航海にて周防灘を通過。冷却水取入口にホンダワラが詰まり、ロープを船尾両舷から垂らし、ラダープロペラをかわして、センターボード後方でタイトに張り、命綱を胴回りにくくり、船尾から海に入り、タイトに張ったロープまで引っ張ってもらい、タイトに張ったロープを伝い、センターボードまで潜り、冷却水取入口にこびりついているホンダワラをむしり取った。この季節、まだ水は冷たい。タイトに張ったロープはおもりのスイブルをは外し今もそのままにしてある。
 05月18日(金)09時関門海峡入峡。
関門海峡大橋

           13時、角島入港。漁協の方に尾道のお酢と徳島の日本酒を渡す。
 05月19日(土)、北風が強く、角島停泊。野島灯台を見学。
角島大橋。向こうが角島。

 05月20日(日)06時、角島出港。13時30分萩マリーナ入港。夕食は居酒屋はなふさ。
角島大橋

 05月21日(月)05時30分、萩出港。15時30分温泉津入港。夕食は居酒屋路庵。
鼻くり石

 05月22日(火)06時30分、温泉津出港。10時30分大社築港入港。出雲大社にお参りして、午後は鷺浦見学。夕食は東出雲の居酒屋丸善水産。
鷺浦の軒先のこて絵

 05月23日(水)06時、大社出港。13時30分境港入港。境港公共マリーナが流れ藻のため閉鎖されていたため、公共埠頭に係留。
ぬいぐるみの砂かけ婆
05月24日(木)06時、境港出港。大仙、鳥取砂丘、余部鉄橋を海上から見る。また、20頭のイルカの群れと遭遇。深夜、経ヶ埼を通過。
大   山

イルカに遭遇。イルカは船首を泳ぐ。

海から見た鳥取砂丘。砂丘部分だけ水際が茶色く見える。

 05月25日(金)07時30分、三国漁港入港。漁協に日本酒を渡す。夕食は居酒屋はまさか。


大阪港旧防波堤と同じデ・レーケ設計の三国港の防波堤

 05月26日(土)07時、三国漁港出港。08時30分、加賀塩屋漁港入港。入港歓迎式典があり花束をいただきました。瀬越に移動し、大家家の邸宅、大家家が寄贈した小学校を見学。

瀬越の橋にも弁才船が。

 05月27日(日)04時30分、加賀塩屋漁港を出港。14時若狭大飯マリーナに入港。
  大飯マリーナに戻ったのは、能登半島に10日間、無人で置いておける係留場所がなかったためです。

 * 上関の鳩子の湯の定休日が第3水曜日だったので尾道に1泊したこと。
 * 航程が遅れたため、新門司マリーナを抜港し、夜航海で角島に向かったこと。
 * 深夜に周防灘で冷却水取入口に詰まったホンダワラを除去したこと。
 * 強い北風のため、角島で1日待機したこと。

◎ 第2レグ
 06月07日(木)06時、若狭大飯出港。17時加賀橋立入港。
 06月08日(金)、橋立停泊。
 06月09日(土)06時、橋立出港。15時福浦入港。
 06月10日(日)06時、福浦出港。12時、輪島海の駅入港。
 06月11日(月)15時、輪島出港。夜航海。
 06月12日(火)06時、佐渡小木入港。
 06月13日(水)06時、小木出港。17時粟島浦入港。
 06月14日(木)06時、粟島出港。13時、酒田入港。
 06月15日(金)06時、酒田出港。11時、飛島入港。
 06月16日(土)06時、飛島出港。11時、由利本荘マリーナ入港。

◎ 次回、更新は6月19日(火)を予定しています。


 

2018年5月12日土曜日

2018年05月12日(土):本州北海道一周クルーズ第1レグスタート

いよいよ明日大阪港を出港します。
第1レグの日程は次のとおりです。
5月13日(日)11時大阪港USJ浮桟橋出港。夜航海。
5月14日(月)08時愛媛県丸亀市本島笠島漁港入港。
5月15日(火)12時広島県尾道港入港。(尾道海の駅停泊)
5月16日(水)06時尾道港出港。12時広島県呉市大崎下島御手洗港入港。(ゆたか海の駅停泊)
5月17日(木)06時御手洗港出港。15時山口県上関港入港。21時上関港出港。夜航海。
5月18日(金)14時山口県角島入港。
5月19日(土)06時角島出港。12時山口県萩港入港。(萩マリーナ停泊)
5月20日(日)06時萩港出港。17時島根県温泉津港入港。
5月21日(月)06時温泉津港出港。12時島根県大社築港入港。
5月22日(火)06時大社築港出港。16時島根県境港入港。(境港公共マリーナ停泊)
5月23日(水)06時境港出港。夜航海。
5月24日(木)12時福井県福井港入港。(九頭竜川マリーナ停泊)
5月25日(金)福井港停泊。(九頭竜川マリーナ停泊)
5月26日(土)08時福井港出港。10時石川県加賀塩屋漁港入港。
5月27日(日)06時塩屋漁港出港。16時福井県若狭大飯港入港。(うみんぴあ大飯停泊)
15日の航海です。日々の状況は、hppts://heiseihigaki.wixsite.com/bezaiで閲覧できます。
秋田県本荘港までの第2レグは、6月07日(木)スタート予定です。

2018年2月27日火曜日

2018年02月28日(金):2018年本州北海道一周クルーズ変更航海計画

第1レグ: 05月13日(日)大阪出港⇒05月27日(日)若狭大飯入港: 15日間
  ●大阪を出て瀬戸内海、関門海峡を通過し、山陰地方の沿岸を北東進し、若狭湾までの航海

  ◎主な寄港地 : 塩飽本島、御手洗港、上関港、新門司港、角島、萩港、温泉津港、大社築港、境港、福井港

第2レグ: 06月07日(木)若狭大飯入港⇒06月16日(土)秋田由利本庄入港: 10日間
  ●若狭湾を出て能登半島を回り、佐渡ケ島に寄り、東北地方日本海沿岸の諸島を巡る航海。

  ◎主な寄港地 : 加賀橋立港、志賀福浦港、輪島港、佐渡小木港、粟島、酒田港、飛島

第3レグ: 06月24日(日)由利本庄⇒07月07日北海道小樽港入港: 14日間
  ●秋田から青森湾陸奥湾の諸港を巡り、北海道南西岸を北上し小樽までの航海

  ◎主な寄港地 : 秋田港、能代港、深浦港、青森三厩、蟹田港、青森港、野辺地港、川内港、松前港、江差港

第4レグ: 07月15日(日)小樽出港⇒08月01日(水)函館入港: 18日間
  ●小樽を出て、利尻、礼文、宗谷岬、知床岬、納沙布岬、襟裳岬を巡り函館までの北海道一周の航海。

  ◎主な寄港地 : 留萌港、利尻島、礼文島、稚内港、宇登呂港、羅臼港、根室港、霧多布港、釧路港、襟裳港

第5レグ: 08月11日(土)函館港出港⇒08月21日(火)神奈川真鶴入港: 11日間
  ●函館を出て、東北地方、関東地方の太平洋沿岸の航海。

  ◎主な寄港地 : 木古内港、宮古港、石巻港、銚子港、東京港、三崎港

第6レグ: 08月27(月)真鶴出港⇒09月02日(日)大阪入港: 7日間
  ●菱垣廻船の航海

  ◎主な寄港地 : 渡鹿野島、須賀利港、串本港、白浜港、有田湯浅港

2018年1月22日月曜日

2018年01月22日(日):航海計画の変更


● 第1レグ:05月13日(日)~05月27日(日):大阪⇒若狭大飯15日間
   寄港地:塩飽本島、御手洗、上関、下関、角島、見島、萩、温泉津、鷺浦、隠岐西ノ島、加賀瀬越、

● 第2レグ:06月07日(木)~06月16日(土):若狭大飯⇒秋田由利本庄10日間
   寄港地:加賀橋立、志賀福浦、輪島、舳倉島、佐渡宿根木、粟島、酒田、飛島

● 第3レグ:06月24日(日)~07月07日(土):秋田由利本庄⇒小樽11日間
   寄港地:秋田、能代、深浦、鯵ヶ沢、三厩、蟹田、青森、野辺地、川内、松前、江差、寿都

● 第4レグ: 07月15日(日)~08月01日(水):小樽⇒函館18日間
   寄港地:留萌、利尻、礼文、稚内、宇登呂、羅臼、根室、厚岸、釧路、襟裳

 第5レグ:08月11日(土)~08月21日(火):函館⇒真鶴11日間
   寄港地:北海道木古内、宮古、石巻、安房勝浦、東京、三崎、

第6レグ:08月29日(水)~09月02日:真鶴⇒大阪5日間
   寄港地:串本、白浜、和歌山

2018年1月1日月曜日

2018年01月01日(月):サザンクロスの夢航海2018

新年明けましておめでとうございます。
2015年は四国一周お遍路航海。2016年は九州一周五島列島教会巡り。2017年は大阪東京菱垣廻船航路大阪対馬朝鮮通信使航路振り子航海。
2018年は・・・・・・。
大阪⇒青森:北前船西回り航路、北海道一周、函館⇒東京・真鶴:弁才船東回り航路、真鶴⇒大阪菱垣廻船航路。結果として本州一周・北海道一周の航海を計画しています。航海スケジュールは次のとおりです。
◎第1レグ:5月 6日大阪⇒5月20日若狭:15日間500マイル。
◎第2レグ:5月31日若狭⇒6月14日青森:15日間500マイル。
◎第3レグ:6月25日青森⇒7月 4日礼文:10日間350マイル。
◎第4レグ:7月15日礼文⇒7月29日函館:15日間600マイル。
◎第5レグ:8月09日函館⇒8月23日真鶴:15日間600マイル。
◎第6レグ:8月27日真鶴⇒9月 2日大阪: 7日間300マイル。
● 延日数約120日 ●航海日数約80日 ●約3000マイル。
寄港地は、北前船や弁才船のゆかりの地を予定しています。